不動産管理会社のよくある課題と解決事例

物確.comは今まで、管理会社様のこんな課題を解決してきました!

Case.01
Before
電話が1日200本以上!

★空室確認、内見の問合せ等、仲介様から毎日大量の電話が。繁忙期には1日200本以上もかかってくるので、他の仕事が手につかない。

★定休日や営業時間外は、仲介様が物件の空室確認や内見の問合せができないので、他社の物件に流れてしまうケースも。

After
電話の本数が7割減少!

★24時間365日、仲介様が自力で空室確認や図面の印刷、内見予約、内見方法の確認ができるようになり、問い合わせる必要がなくなった。その結果、電話の本数が激減!

★定休日や営業時間外も空室確認、内見方法の確認ができるので、仲介様のご紹介回数はアップ!

Case.02
Before
申込みの確認が大変!

★賃貸管理システムや物確システム、ポータルサイト等、使っているシステムがバラバラで、申し込み状況の一元管理ができず、何か所も空室確認・情報更新をしなければならない。

★仲介様から最新の申込み状況の確認・問合せが多く、同じ物件について何度も電話がかかってくる。

★申込書にミスや不備が多く、何度もやり取りしなければならない。

After
申込書自動受付で即部屋止め!

★スマホを使ったWEB申込み受付で、FAXや申込書への記入や転記がなくなり、情報の入力・送信・管理が簡単・スムーズに!進捗状況の確認も一目瞭然!

★FAXの申込書もシステムが自動で認識して即部屋止め。その結果、常に最新の空室状況をリアルタイムで確認できるようになり、空室確認の電話が激減!

Case.03
Before
物件情報の更新が大変!

★物件情報や募集情報を、複数のサイトやシステムでいちいち更新しなければならない。

After
全サイト連動で物件情報一括更新!

★物確.comに入力した物件情報を大手ポータルサイトにコンバートして一括更新。各サイトでの個別の更新が不要に!

Case.04
Before
FAXの送信回数が多すぎる!

★仲介様から図面や空室一覧のFAX請求の電話が多く、1日に何度もFAXの前に移動し、何枚も送信しなければならない。

★FAXの通信料コストもバカにならない。

After
FAXの送信回数が6割減少!

★24時間365日、仲介様が自力で綺麗な図面や空室一覧を印刷できるので、問い合わせる必要がなくなった。その結果、FAXの送信回数が激減!

★仮に仲介様から電話がかかってきても、管理画面で物件を選んで「送信」をクリックするだけ。いちいちFAXの前に移動して、何枚もFAXを送信する手間も時間も必要なくなった。

Case.05
Before
データ取得、分析ができない!

★問合せ電話の本数や、物件別・仲介会社別の引き合い件数等、経営陣やオーナー様に必要なデータの取得、分析が全くできない。

After
データ分析で正確な状況判断!

★部屋ごとの図面送信回数や仲介業者ごとのアクセス数を見て、適切な施策を打てるようになった。物件の引き合い数の可視化で、オーナー様の信頼もアップ!

管理会社様の
資料請求・無料デモの
お問い合わせはこちら

【仲介会社様 ご注意ください】 物件情報・空室確認・アカウント発行については、各管理会社様に直接お問い合わせください。
弊社では受け付けておりません。
物件情報・空室確認・アカウント発行はこちらから
このページの先頭へ戻るボタン