入居者募集中の物件情報への仲介アクセス数集計機能

様々なデータを自動集計

ログイン回数

図面印刷回数

FAX送信回数

内見回数

申込書印刷回数

キャンセル数

空室期間

受電数

※自動応答システムをご契約の場合のみ
リーシング支援システム物確.comなら
業務がこう変わる
01

物件の紹介回数や空室期間が一目瞭然なので、キャンペーン等、適切な施策を実行し、入居率アップを図ることができます。

02

毎月のリーシングレポートを楽らく作成できます。

こんなお悩みは
ありませんか?

  • 物件の引き合い状況が分からない…
  • 物件の人気度や空室期間が分からない…
  • 貢献度の高い仲介業者様を把握できていない…
  • オーナー様に報告するデータが無い…

物件の人気度や、仲介会社様別アクセス回数等のデータを可視化することで、キャンペーンを打つ等の適切な対策を実施することができます。

データが分からないと、適切な戦略を立てることはできません。引き合い状況の可視化・分析が、満室運営への近道です。

また、引き合い状況のデータ資料を簡単に作成できるので、オーナー様の満足度アップにもつながります。

集客アップに役立つ3つの分析ポイント

POINT
01

物件・部屋別アクセス数

【データ例】
  • Aマンションのアクセス回数
  • Bマンション203号室の図面印刷回数
  • Cマンション610号室の内見回数
  • Dマンション701号室の申込書印刷回数
物件の人気度を把握して対策を考えたり、募集条件変更(キャンペーン)の成果を分析することができます。
POINT
02

仲介会社アクセス数

【データ例】
  • A社のアクセス回数
  • B社の図面印刷回数
  • C社の内見回数
  • D社の申込書印刷回数
ご紹介回数が多い仲介会社様を把握したり、仲介会社が手薄なエリア等を分析することができます。
POINT
03

物件×仲介会社アクセス数

【データ例】
  • AマンションへのA社のアクセス回数
  • BマンションのA社の図面印刷回数
  • CマンションのB社の内見回数
  • DマンションのB社の申込書印刷回数
どの物件・部屋に、どの仲介会社様のアクセスが多いか等、傾向を把握し、戦略を立てることができます。

まとめ

どこを強化し、どこを補強すべきか、数字は色々なことを教えてくれます。
データを分析することで、稼働率アップに結びつく適切な戦略を立てることができ、リーシングレポートも充実。オーナー様の満足度のアップにもつながります。

物確電話を確実に減らす方法や、自社にマッチする業務効率化システムが
分かる資料を、今すぐダウンロードできます。
入手完了まで30秒!

物確.comの
システムの詳細、料金は、
お気軽にお問い合わせください。

オンライン無料デモ体験実施中!
お問い合わせ
【仲介会社様 ご注意ください】 物件情報・空室確認・アカウント発行については、各管理会社様に直接お問い合わせください。
弊社では受け付けておりません。
物件情報・空室確認・アカウント発行はこちらから
このページの先頭へ戻るボタン