物確.comをご利用中のお客様の声

物確.comをお使い頂いている賃貸不動産管理会社の、ご担当者のコメントをご紹介します。導入前の課題、目的、利用した感想、業務効率化システム導入を検討されている方へのアドバイスを伺いました。

電話の件数が減って、現場の負担が軽減しました
株式会社アミックス様
管理戸数9,600戸
導入年月2013年1月
ご担当者深澤様
導入前に御社が抱えていた課題について教えてください。
仲介業者からの、空室問合せ・内見確認・ FAX 依頼・入居審査についての電話問い合わせが多く、個人の担当業務は常に営業時間終了後の作業となってしまっていました。
物確.com導入の目的や背景について教えてください
電話の件数を減らし、残業を削減することが目的でした。
物確.com導入によって、どんな効果がありましたか?
電話件数が減ったことで、 1 日のスケジュールが立てやすくなり、業務の効率化に繋がりました。
導入を検討している方へのアドバイスはありますか?
物確.comは空室の問合せから内見予約、申し込みまで全てが連動しており、使い勝手が良いので、現場の負担が軽減しました。
仲介業者管理機能については、退職又は異動の管理がしにくいので、今後改善してほしい部分です。
物確電話の対応状況
2019年10月~2020年9月の着信割合
スタッフ対応件数
84%減少
仲介業者様のログイン回数
6年で
2.3倍
空室確認とFAX依頼・到着確認電話が70%減りました
株式会社デイグラン様
管理戸数7,800戸
導入年月2016年6月
ご担当者横山様
導入前に御社が抱えていた課題について教えてください。
仲介業者さんの空室確認の電話に日中は時間を追われ、事務作業については、残業しなければ業務がまわらないという状況でした。受話器を肩にはさみながらパソコンを触るという作業のため、肩こりで体調を壊す社員もおりました。
物確.com導入の目的や背景について教えてください
リアルタイムで発信していることを業者さんに理解いただけてるので、空室確認と空室一覧FAX依頼、申込書送付依頼、FAX到着確認の電話は70%程度減りました。また、一週間休みなく電話応対しておりましたが、土曜日はナビダイヤル、日曜日は電話対応のすべてを緊急コールセンターへアウトソーシングしております。
導入を検討している方へのアドバイスはありますか?
私も仲介業務をしておりましたが、どれだけ簡単に空室情報が見れようがその情報がリアルタイムでない限り必ず電話で確認するのが営業マンです。

電話であれば、担当直の電話でない限り、ブッキングすることも多々ありますが、物確であればほぼブッキングすることはありません。24時間365日リアルタイムで発信できることが、発信側からも受信側からも一番の魅力だと思います。
仲介業者様からの電話対応件数
対応件数
70%減少
仲介業者様のログイン回数
3年で
1.3倍
電話の所要時間が短くなり、問合せ件数も60%減りました
アレックスコーポレーション株式会社様
管理戸数2,400戸
導入年月2019年10月
ご担当者中野様
導入前に御社が抱えていた課題について教えてください。
電話での問合せが大変多く(繁忙期は1人で1日90件以上)、電話以外の業務に手を付ける事が出来ませんでした。電話対応をクローズした後に事務作業を行っていた為、残業し、作業は深夜に及んでいました。
物確.com導入の経緯を教えてください。
繁忙期は簡単な電話での空室確認(時間にして30秒程)が増加する為、いかに簡単な問合せを減らし電話本数を減らせないかが導入を検討するきっかけでした。
物確.com導入によって、どんな効果がありましたか?
仲介業者様から問合せがあった際に、「サイトを確認して下さい」と案内する事によって電話の所要時間が短くなり、簡単な問合せ(空室状況・鍵所在の確認)の件数も劇的に減りました。

また、QRコードによる自動部屋止めによって申し込みダブりがなくなり、申込が明確になったのと、リアルタイムの空室情報が提供できるようになりました。初期費用や鍵などについての情報も、仲介会社に自動で見てもらえるので、電話削減につながりました。
導入を検討している方へのアドバイスはありますか?
仲介業者様からの電話が6割ほど減って、大幅削減になりました。また、QRコードによる自動部屋止めが便利だと思います。
仲介業者様からの電話対応件数
対応件数
60%減少
仲介業者様のログイン回数
※1年前に導入のため、比較データ無し
右肩上がりで
増加
仲介業者からの電話と、個人の携帯に入る電話を減らせました
株式会社マエダエステート様
管理戸数2,400戸
導入年月2015年3月
ご担当者和久様
導入前に御社が抱えていた課題について教えてください。
空室一覧表や間取り図面を送ってほしいという電話が1日に何本も入っていて、作業が中断させられる事が多かったことです。
物確.com導入の目的や背景について教えてください
申込書を請求し、FAXすることで部屋止めが出来る点が、仲介業者に丁度よい手間を掛けさせて無駄な部屋止めを防止しつつ、空室の減少に繋がると思ったからです。
物確.com導入によって、どんな効果がありましたか?
仲介業者からの電話が減り、業務の効率化が図れました。また、休日に仲介業者から個人の携帯に電話が入る本数を減らせました。
導入を検討している方へのアドバイスはありますか?
クリック一つで部屋が止まるサービスを提供する会社も有りますが、簡単すぎて契約の意志の薄い部屋止めが多くなるリスクが有ります。物確.comのシステムは、丁度よい手間を業者に掛けさせることで、無駄な部屋止めの防止が図れています。
仲介業者様からのFAX依頼回数
依頼回数
68%減少
仲介業者様のログイン回数
4年で
1.7倍
空確認の電話が無くなり、定休日を増やせました
株式会社関西ホームサービス様
管理戸数2,100戸
導入年月2016年9月
ご担当者中村様
導入前に御社が抱えていた課題について教えてください。
管理部署は仲介部署と休みを同じく水曜日にしていました。日曜日は入居者からより仲介部署や他業者からの入電が多く、ほとんどが空き情報の返答が多かったです。

その都度、事務処理の手を止めさせられるので、電話後、事務処理に復帰するまで時間がかかっていました。
物確.com導入の目的や背景について教えてください
空確認の電話が無くなり、日曜日に出勤しなくてもよくなったので、日曜日と水曜日を定休日にできました。
導入を検討している方へのアドバイスはありますか?
まず、物確.comは仲介会社に安心をあたえられるソフトだと思います。仲介会社は申込時にFAXでは「ちゃんと管理会社に到着しただろうか」や「まだ部屋が空いているのだろうか」の不安があるので、管理会社に電話で確認しますが、その時に定休日や担当者不在であれば不安は解消されません。物確.comは、FAXするとパソコンで止めを確認できるので安心感があります。

仲介会社は安心感のある管理会社には申込みを入れやすくなるので、管理申込数も増えていきます。あと、社内スタッフも入居申込書がパソコンで確認できるので、申込処理が進んでいるか等のチェックもしやすくなりました。
仲介業者様からのFAX依頼回数
依頼回数
86%減少
仲介業者様のログイン回数
3年で
1.7倍
物確電話を確実に減らす方法や、自社にマッチする業務効率化システムが
分かる資料を、今すぐダウンロードできます。
入手完了まで30秒!

物確.comの
システムの詳細、料金は、
お気軽にお問い合わせください。

オンライン無料デモ体験実施中!
お問い合わせ
【仲介会社様 ご注意ください】 物件情報・空室確認・アカウント発行については、各管理会社様に直接お問い合わせください。
弊社では受け付けておりません。
物件情報・空室確認・アカウント発行はこちらから
このページの先頭へ戻るボタン